若手の弁護士の求人はある?どんなところから求められている?

弁護士の求人は多い?資格があれば転職も簡単?

弁護士の求人は多い?資格があれば転職も簡単?のメイン画像

新人弁護士の求人情報は増えつつあります。まずは法律事務所で経験を積み、スキルアップすることをおすすめします。

若手の弁護士の求人はある?どんなところから求められている?

知り合いの息子さんが弁護士になったばかりで、どこかで働きたいと就職活動をしているそうです。

弁護士なんて立派な資格があれば、どこでも就職できそうに思うのですが、若手の弁護士の求人状況はどうなのでしょうか。

【新人弁護士の求人状況は】

世間が好景気の時ほど、弁護士の求人も多くなると考えられています。

好景気だと企業活動も活発になりますよね。

そうすると企業内での法務業務が増えますし、また企業から法律事務所に依頼される案件も増えますから弁護士の人手不足になり、求人が増えます。

好景気だと企業や法律事務所に資金がたくさんあるため、今まで弁護士を募集していなかったところでも募集するようになると考えられています。

【法律事務所か企業内弁護士】

まずは法律事務所に就職して、いろんな経験を積み、それによって後のキャリアの選択に違いが出てきます。

5大法律事務所と言われるところでは、国内外の大企業をクライアントとし、M&Aやファイナンス案件を扱います。

国際的な案件に携わるので、英語ができる方が良いでしょう。

外資系法律事務所もそうです。

英語ができないと少し厳しいかもしれませんね。

国内の企業法務や一般の民事を専門に扱う法律事務所では、受ける案件によって英語が必要になることもあります。

企業内弁護士は、新人の弁護士の求人はあまりないようです。

企業内法務を扱う法律事務所で経験を積んだ人が転職することが多いので、新人はまず法律事務所で経験を積んだ方がいいかもしれませんね。

弁護士の求人は多い?資格があれば転職も簡単?

Copyright www.echomagazin.com All Rights Reserved